2018.10.14 08:37

部員下宿受け入れ18年目 岡豊高女子バスケ部・川井監督夫妻

川井夫妻の自宅で食卓を囲む下宿生たち。奥が里佐さん(高知市内)
川井夫妻の自宅で食卓を囲む下宿生たち。奥が里佐さん(高知市内)
「本当の家みたい」
 高知県高校体育大会で8連覇を飾るなど、高知県高校女子バスケを長年リードする岡豊高の川井文雄監督(57)が、郡部など遠方の選手を下宿生として受け入れ続けている。妻、里佐さん(49)=土佐中高教諭=とともに17年半。1日3食の用意など生活面を支え、これまで19人を送り出してきた。今年も“親代わり”に3年1人、1年4人を見守っている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ