2018.10.13 08:34

あす10/14から第25回高知県中学サッカー 47チーム激戦へ

 第25回高知県中学サッカー選手権大会(県サッカー協会、県中学校体育連盟、高知新聞社、RKC高知放送主催)が10月14日、開幕する。県ナンバーワンの座を懸けて、51校47チームが激突する。

 14日は1回戦15試合、21日は2回戦16試合、28日は3回戦8試合と準々決勝を行う。準決勝は11月3日にスポーツパークさかわ、決勝は17日に春野陸上競技場で実施する。優勝候補は、冬季、春季を制した第1シード明徳義塾、県総体を制し四国でも2位の第2シード土佐、四国クローバーリーグで戦う高知。ブロックごとに展望する。

 ◇ 

 大会の組み合わせでシード校に誤りがあったことが、12日までに県サッカー協会の調査で判明した。正しくは、第3シードとされた「旭」はノーシードで、第3シードは「佐川」だった。協会は同日までに当該校の監督や保護者らにミスの経過説明と謝罪を行った。組み合わせの再抽選は行わず、当初の予定通り大会を実施する。

 協会によると、9月下旬の組み合わせ抽選後、関係者の指摘を受けて確認し、ミスが発覚した。シード校を決める各種大会の点数計算を誤ったという。(谷川剛章)...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: スポーツ中学サッカースポーツ


ページトップへ