2018.10.12 08:37

走るの全員速くなった!! 高知県南国市でプロ指導受け劇的変化

速く走るこつを笑顔で指導する荒川優さん(南国市の久礼田小)
速く走るこつを笑顔で指導する荒川優さん(南国市の久礼田小)
 「速く走るための6つの法則」のDVDで知られる陸上指導者の荒川優さん(29)が10日、高知県南国市久礼田の久礼田小学校で「走力UP!教室」を開いた。約1時間半の指導で、近隣2校の児童を含む全53人のタイムを劇的に短縮させ、児童らは歓喜の声を上げた。

 久礼田小学校と白木谷小学校、奈路小学校の5、6年生が参加。3校は市の陸上記録会を前にしたこの時季に合同で練習会を開いている。今年はジブラルタ生命(東京)協賛のアスリート派遣事業に選ばれ、強力な助っ人が現れた。

 雨天のため体育館に約15メートルのコースを設置して行われ、荒川さんは「歩き方の汚い人は走りも下手」と2人のアスリートとともに、児童にコースを歩かせたり、小走りをさせたりしてフォームをチェック。

 さらに腕を後ろに組んだまま走らせ、「これで走りづらいという人は腕の振り方が間違っている」と指摘。何度も走らせて「前傾姿勢で」「前を見たまま肩だけ振る」などのポイントに気付かせていった。

 仕上げの測定では最高で0・9秒もタイムが縮むなど、全員が速くなった。児童らが大喜びする中、「これまでで一番短いコースだったのに」と荒川さん自身も驚いた様子。

 奈路小学校6年の佃俊秀君(12)も「遅いから走るのが嫌いだったけど、うれしい」。白木谷小6年の中沢琶(はなめ)さん(12)も「本当に速くなってびっくり。記録会も頑張りたい」と目を輝かせた。

 荒川さんらは同日、高知市の高須小学校の6年生約110人にも指導した。(大山哲也)

カテゴリー: スポーツ香長


ページトップへ