2018.10.10 08:45

高知県室戸市に「神祭の秋」 各地で祭事 11月中旬まで

和紙の花を飾った御田八幡宮の花台(室戸市吉良川町)
和紙の花を飾った御田八幡宮の花台(室戸市吉良川町)
 高知県室戸市が秋の神祭シーズンを迎え、個性豊かな各地の祭事に大勢が見入った。室戸市の神祭は、11月中旬まで各地で次々と催される。

和紙の花を飾った御田八幡宮の花台(室戸市吉良川町)
和紙の花を飾った御田八幡宮の花台(室戸市吉良川町)
 7日は室戸市吉良川町、室津、浮津、佐喜浜町の4カ所。御田八幡宮(吉良川町)は高さ約5メートルの「花台」と呼ばれる山車が有名で、上、下、東、西の4地区の「宿(やど)」から1基ずつ出る。隔年で和紙製のピンクの花が飾られ、あざやかな花台が連なった。

室津八幡宮の子どもみこしを担ぐ室戸高女子野球部員
室津八幡宮の子どもみこしを担ぐ室戸高女子野球部員
 室津八幡宮の大祭は室戸高校女子野球部が子どもみこしで初参加。「チョーサイじゃ」と元気な声を響かせ、室津港に入った。3年の岡沙莉衣(さりい)さん(18)は「たくさんの人が一つになって関わっている。神祭のすごさを感じた」。

勇ましい浮津八王子宮のみこし(同市の室津港)
勇ましい浮津八王子宮のみこし(同市の室津港)
 室津に続いて、浮津八王子宮の行列も港に到着。「チョーサイじゃ!!」。みこしを激しく揺らし、男たちが叫ぶ。奈良師海岸と室津港を毎年交互に訪れる浮津。2年に1度の室津との“協演”に港が華やいだ。

笑いと風刺の佐喜浜俄(同市佐喜浜町)
笑いと風刺の佐喜浜俄(同市佐喜浜町)
 佐喜浜八幡宮は、笑いと世相風刺の即興芝居「佐喜浜俄(にわか)」で沸いた。

 子ども俄に続き、大人らの俄では、市長選出馬を画策する日本ボクシング連盟元会長役らに住民役が「人に注意されたら大人しいしちょれ!」と一喝。証拠の世界地図を掲げ「おまん(オマーン)が人の勧告(韓国)や忠告(中国)を聞かず、イランことをしよってみしゃんせ、やがてトリノこされ、チリのように捨てられるであろうがの~」と落とした。

 室戸市内の神祭日程は室戸市のWebサイトに掲載されている。(馬場隼)

カテゴリー: 文化・芸能室戸


ページトップへ