2018.10.08 08:32

「第72回県展」 高知市で1175人堪能 ゆったり作品楽しむ

無鑑査作家の作品解説も行われ、盛況だった県展会場(7日午後、高知市の県立美術館=島本正人撮影)
無鑑査作家の作品解説も行われ、盛況だった県展会場(7日午後、高知市の県立美術館=島本正人撮影)
 「第72回高知県美術展覧会(県展)」(高知新聞社、RKC高知放送主催)は10月7日、開幕後初の日曜日を迎えた。会場の高知市高須の県立美術館と高知市九反田の高知市文化プラザ「かるぽーと」には計1175人が足を運び、無鑑査作家による作品解説などで芸術の魅力を堪能した。

多彩な洋画作品を前に友との語らいにも熱が入る(県立美術館)
多彩な洋画作品を前に友との語らいにも熱が入る(県立美術館)
 2会場には、入賞入選作と審査員や無鑑査作家らの出品作計1221点を展示している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能県展文化高知中央


ページトップへ