2018.10.08 08:31

脱藩の道1295人挑む 高知県梼原町で「龍馬脱藩マラソン大会」

過酷なコースに挑むランナー(梼原町川西路)
過酷なコースに挑むランナー(梼原町川西路)
 坂本龍馬が脱藩時にたどったとされる道をコースに組み入れた「龍馬脱藩マラソン大会」が7日、高知県高岡郡梼原町の町総合庁舎―韮ケ峠間で開かれた。スタート直後から上り坂で、コース全体の高低差は約550メートルという過酷なレースに県内外の1295人が挑んだ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ高幡


ページトップへ