2018.10.08 08:33

高知県越知町でコスモスまつり開幕 台風で度々延期

風に揺れるコスモスを楽しむ家族連れ(越知町の宮の前公園)
風に揺れるコスモスを楽しむ家族連れ(越知町の宮の前公園)
 高知県高岡郡越知町越知丙の宮の前公園で7日、恒例の「越知町コスモスまつり」が開幕した。相次ぐ台風の接近で、開幕日を3度変更することになったが、関係者らの奮闘で無事開催にこぎ着けた。訪れた大勢の人は、ふわりと風にそよぐピンクや白の花々を眺め、秋の美しさを堪能していた。

 約2・5ヘクタールの敷地に揺れる約150万本のコスモスは、住民らが育てている。今年は9月29日の開幕予定で、9月下旬までコスモスも順調に育っていた。しかし、台風24号の影響で会場となる宮の前公園が浸水。さらに台風25号が接近したため、会期が10月7~21日に変更された。

 6日に台風が通過した後、関係者らが夜遅くまでテントの設営などに汗を流した。訪れた人は「心配してたけど見られて良かった」「今年もきれいやね」。コスモスは一部横倒しになっているが、風雨に耐えてかれんな花を咲かせており、人々の目を和ませていた。

 現在は五、六分咲きで、10日前後に満開になりそうだという。越知町観光協会の小松千里事務局長は、台風による度重なる会期変更に触れ、「こんなのは初めて。心が折れそうだったが、町全体が協力してくれて復旧でき、うれしい限りです」と話していた。

 期間中の土日祝日にはよさこい鳴子踊りや音楽ライブが披露される。カヌー体験とアメゴの釣り堀は、台風の影響による仁淀川の増水が収まるまで休止する。問い合わせは、越知町観光協会(0889・26・1004)へ。(森田千尋)

カテゴリー: 主要社会高吾北


ページトップへ