2018.10.06 08:35

高知大医学部がブラジルで腹腔鏡指導 大腸がん手術実演

腹腔鏡手術の実技指導を行う小林道也教授=中央=ら(8月、ブラジルの南マットグロッソ連邦大学病院=高知大学医学部提供)
腹腔鏡手術の実技指導を行う小林道也教授=中央=ら(8月、ブラジルの南マットグロッソ連邦大学病院=高知大学医学部提供)
 ブラジルで医療支援に取り組む高知大学医学部(南国市岡豊町小蓮)の医師らが10月5日、同大で記者会見を開き、8月に現地で行った腹腔(ふくくう)鏡手術の実技指導について報告した。菅沼成文医学部長は「高い水準の技術を見せることができた。現地の医療行政の関係者とも密に連携し、地域の医療水準を高めていきたい」と意義を語った。

 高知大は2012年、ブラジル内陸部の南マットグロッソ連邦大学と協定を結び、中核病院建設を視野に支援を続けている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ