2018.10.05 08:40

明治の大演習描く絵馬初公開 高知県歴民館で10/6から展示 

福岡県大演習を描いた琴平神社の絵馬(県立歴史民俗資料館提供)
福岡県大演習を描いた琴平神社の絵馬(県立歴史民俗資料館提供)
南国市で発見、大陸・半島有事に備え
 明治18(1885)年、高知県出身者も参加した日本陸軍の福岡県大演習を描いた絵馬が、6日から始まる高知県立歴史民俗資料館(南国市岡豊町)の企画展「維新が変えた庶民のくらし」で初公開される。演習の写真はほとんど残っておらず、軍事演習の実態を視覚的に知る史料として注目される。展示は12月9日まで。 

 絵馬は縦約1・8メートル、横約2・6メートル。2012年に歴民館が南国市里改田の琴平神社の神庫整理に携わった際に発見。今年に入り、歴民館が絵馬を再調査し、詳細が判明した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要社会香長


ページトップへ