2018.10.04 08:31

幻想的なだるま朝日 高知県四万十市で写真愛好家が撮影

四万十市双海で確認された「だるま朝日」(2日午前6時8分ごろ、松本丈さん撮影)
四万十市双海で確認された「だるま朝日」(2日午前6時8分ごろ、松本丈さん撮影)
 秋から春にかけて水平線に浮かぶ「だるま朝日」が2日、高知県四万十市双海の海岸で見られ、写真愛好家の松本丈さん(65)=四万十市古津賀=が撮影した。

 海面と大気の温度差で光が屈折し、水平線から昇る太陽がだるまのように見える現象。県西部では通常11~3月ごろ見られることが多い。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学幡多


ページトップへ