2018.10.04 08:35

高知南署管内で自転車ヘルメット費補助 中高校生向け

横浜中学校でヘルメット補助を説明する吉村保利さん=右=と山中忠夫さん=中央(3日午前、高知市横浜新町1丁目)
横浜中学校でヘルメット補助を説明する吉村保利さん=右=と山中忠夫さん=中央(3日午前、高知市横浜新町1丁目)
 自転車が絡む重大事故の多発を受け、高知県交通安全協会高知南支部などは、高知南署管内で中高校生向けに自転車用ヘルメットの購入費を補助するキャンペーンを10月から始めた。高知県交通安全協会高知南支部長の山中忠夫さん(80)と高知南地区安全運転管理者協議会長の吉村保利さん(68)が高知南署と協力し、「自分や周りの人が傷つかないようヘルメットをかぶって」と呼び掛けている。
 
 県内では、郡部の中学校の多くで登下校時のヘルメット着用を義務付け、市町村などの補助もあるが、高知市は財政上の理由などから義務化も補助も行っていない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会教育

ページトップへ