2018.10.01 08:32

高知県四万十町大正地域で10/2に希少植物観察会

 絶滅危惧種のタニジャコウソウなど、梼原川沿いの希少植物の観察会「四万十大正で貴重植物花盛り」が10月2日、四万十町木屋ケ内の中の島公園などで開かれる。

 川沿いの県道周辺は、アキチョウジやオオクサボタン、サラシナショウマなど100種以上が自生する。自然保護団体「遠山を守る会」や「須崎緑と水の会」のガイドで散策する。

 参加費300円。虫よけスプレーなどを持参し、午前10時に道の駅「四万十大正」に集合。雨天決行。問い合わせは主催の四万十町観光協会(0880・29・6004)へ。

カテゴリー: 環境・科学高幡

ページトップへ