2018.09.30 08:25

一絃琴伝えた門田宇平しのぶ 高知市で愛好会などが墓前祭

香我美小の児童が門田宇平の生涯を描いた紙芝居を披露した墓前祭(高知市福井町)
香我美小の児童が門田宇平の生涯を描いた紙芝居を披露した墓前祭(高知市福井町)
 高知県香南市香我美町山北出身で、一絃琴を土佐に伝えた藩士、門田宇平(1809~63年)の没後155年を記念した墓前祭が命日の29日、高知市福井町にある宇平の墓地で行われた。

 一絃琴は板に張った1本の弦で音を奏でる楽器。京都の土佐藩邸で働いていた宇平は一絃琴家元の真鍋豊平に師事。1859年の帰郷後は高知城下で塾を開き、一絃琴を指導したとされる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長高知中央


ページトップへ