2018.09.27 08:00

小社会 大相撲の元横綱栃錦と「栃若時代」を築いた初代…

 大相撲の元横綱栃錦と「栃若時代」を築いた初代若乃花は、「土俵の鬼」と言われた。幼い長男を不慮の事故で亡くしながら、土俵に上がるとき以外は数珠を肩に掛けて相撲を取り続け、ついに横綱まで上り詰めた。

 引退後、独立して二子山親方として出発する際、師匠の花籠親方から「部屋経営は並大抵じゃないぞ」と言われた(「私の履歴書」)。しかし、2人の横綱と、実弟の貴ノ花ら2大関を含む十数人の幕内力士を送り出している。

 初代若乃花を伯父、人気大関だった貴ノ花を父に持つ貴乃花親方は、角界のサラブレッドだ。現役時代は兄の元横綱3代目若乃花ともに「若貴ブーム」を巻き起こし、大相撲人気を引っ張った。

 その貴乃花親方が突然、角界を去ると表明した。弟子の貴ノ岩関に対する元横綱日馬富士関による傷害事件以来、日本相撲協会ともめているのは知っていた。だが、これほど対立が先鋭化していたとは驚きだ。

 記者会見で貴乃花親方は、傷害事件の告発状を巡る協会からの圧力があったと述べた。一方、協会は親方の言い分を真っ向から否定する。土俵の外から見ていても、何が何だかさっぱり分からない。

 貴乃花親方には、閉鎖的な協会に対する改革派理事のイメージがあった。が、その面影も今はない。親方と協会、世評の軍配がどちらに上がろうが、こんな別れを協会理事長も務めた初代若乃花は、泉下からどう見ているだろう。


9月27日のこよみ。
旧暦の8月18日に当たります。みずのえ いぬ 八白 先勝。
日の出は5時57分、日の入りは17時57分。
月の出は19時29分、月の入りは7時36分、月齢は17.4です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で0時52分、潮位46センチと、13時06分、潮位53センチです。
満潮は7時01分、潮位197センチと、19時12分、潮位196センチです。

9月28日のこよみ。
旧暦の8月19日に当たります。みずのと ゐ 七赤 友引。
日の出は5時58分、日の入りは17時55分。
月の出は20時05分、月の入りは8時36分、月齢は18.4です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時25分、潮位42センチと、13時37分、潮位63センチです。
満潮は7時39分、潮位194センチと、19時39分、潮位193センチです。

カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ