2018.09.26 08:34

伊能図を巡る-土佐の村々 今昔-第5話 中土佐町上ノ加江~黒潮町佐賀

高南台地へ大迂回
自転車 走行約75キロ(伊能隊の所要日数:4日)

 高知県沿岸の各集落は、基本的には海沿いの道でつながっている。最大の例外が志和―興津―鈴。海岸部に連なるこの3集落を直結する道路はない。海から遠く離れた高南台地まで大きく迂回(うかい)する必要がある上、いずれのルートも傾斜がきつい。コンビニはおろか人家もない地域が大半だ。当初はオートバイか車での移動を計画した。だが地形図をじっくり眺めるうちに「何とかなる」と思えてきて、自転車で挑んだ。(報道部・福田仁)


写真(2)志和の南から、伊能隊が測量した海岸線を望む。矢印の周辺が大鶴津(四万十町)
【上ノ加江―志和】
 今回の出発点は、高岡郡中土佐町上ノ加江。お地蔵さんに見守られて小さな岬を回ると同郡四万十町に入り、間もなく志和の集落に到着した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能土佐古地図ナビ文化


ページトップへ