2018.09.26 08:34

九州場所、上位で活躍を 帰高の栃煌山 「高知場所盛り上げる」

「自分本来の立ち合いができるようになった」と喜びの表情を見せる栃煌山(高知新聞放送会館=島本正人撮影)
「自分本来の立ち合いができるようになった」と喜びの表情を見せる栃煌山(高知新聞放送会館=島本正人撮影)
 大相撲秋場所を終えた栃煌山が帰高し25日、高知新聞社のインタビューに応じた。最終盤の5連勝で8勝7敗とし、3場所連続の勝ち越しを決めた栃煌山は、「久しぶりに自分の取り口の良さが戻ってきた」と、番付が幕内上位に上がる九州場所での活躍を誓った。
 
 ―10日目までに7敗を喫した。

 「立ち合いでしっかり当たっているのに、自分の力が相手に伝わらなかった。このままでは大負けしてしまうと、部屋付きの親方に胸を貸してもらって、体全体を使うイメージの立ち合いにしたところ、相撲内容が良くなった」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ