2018.09.25 08:35

香美市の早川さん 高知の暮らし綴るエッセー集を中国で出版

北京から移住した龔翊さん=左=と早川ユミさん(香美市香北町)
北京から移住した龔翊さん=左=と早川ユミさん(香美市香北町)
北京から龔さん弟子入り
 高知県香美市香北町谷相の布作家、早川ユミさん(60)が自然に寄り添う暮らしをつづったエッセー集「種まきびとの絵日記」が、このほど中国で出版された。中国での出版は3冊目で、その生き方に憧れて北京から弟子入りした女性も。早川さんは「若い人たちと文化の交流を深めていけば、国と国との関係を超えて理解していける。それが大事なことだと思う」と話している。

中国で出版された「種まきびとの絵日記」
中国で出版された「種まきびとの絵日記」
 「種まきびと―」は、高知新聞のフリーペーパー「Kプラス」に2011年から3年間連載した文章と絵に加筆して、日本では2015年に刊行。季節の巡りとともに野菜や果物を育て、衣服を手作りする生活と、その中の楽しみや思いを記している。高知オーガニックマーケットや県立牧野植物園など、県内のお気に入りも盛り込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ