2018.09.25 08:33

無名「郷土の志士」に光を 高知県四万十町で調査進む

堀内誠之進が山県有朋から贈られた扇
堀内誠之進が山県有朋から贈られた扇
特別展企画、伝記も
 堀内誠之進、田辺家勝・家豪(いえたけ)兄弟…。高知県高岡郡四万十町で“無名”の郷土の志士の掘り起こしが進んでいる。反明治政府派や脱藩組の動向はこれまでほとんど伝わっておらず、有志が「志国高知 幕末維新博」を機に2年前から調査を続けている。11月に特別展を開くほか、堀内の伝記執筆も進行中。関係者は「国難に立ち向かった彼らの生きざまを後世に伝えたい」と意気込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博観光高幡


ページトップへ