2018.09.24 08:40

26大学が本を学外譲渡 大量焼却の高知県大が検証委で報告

会合に先立って県立大の永国寺図書館を視察する検証委委員ら(23日午前、高知市永国寺町)
 大学図書館の本を大量に焼却していた問題で、高知県立大学は9月23日までに、全国の公立大学図書館に除却処理に関する調査を行い、37大学が学内で譲渡の機会を設けており、うち26大学は学外の人たちにも無償か格安で提供しているとの結果をまとめた。高知市永国寺町の永国寺キャンパスで同日行われた外部検証委員会の初会合で示した。

 調査は、全国の自治体立大学などが参加する「公立大学協会図書館協議会」加盟の90大学(国立大は含まない)に対し、同協議会事務局を通してメールで質問し、58大学から回答を得た。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ