2018.09.24 08:35

「あの夜」からの問い ’98高知豪雨20年(1)「ただごとやないぞ」

たたきつけるような雨が降り続き、水没した繁華街の道路(1998年9月24日夜、高知市追手筋1丁目)
たたきつけるような雨が降り続き、水没した繁華街の道路(1998年9月24日夜、高知市追手筋1丁目)

 ’98高知豪雨から20年がたつ。誰もが予想できなかった豪雨は8人の命を奪い、1万7千棟以上の浸水被害を生んだ。「あの夜」からの20年を問う。

 1998年9月24日夜。秋雨前線に伴う未曽有の豪雨が、高知市と周辺を襲った。

 その少し前の夕刻、同市本町4丁目にある高知地方気象台の職員たちは、まだ余裕を持っていた。 

 午後4時ごろ、気象台には二つの見立てがあった。前線に伴うまとまった雲は、高知県を抜けつつある。「警報は、夜には解除できるかもしれんな」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ