2018.09.22 14:37

看板屋?何でも屋?? 高知県仁淀川町の若林さん幅広い仕事

自家用につくったロボットの着ぐるみ。名前は「しげる」。ここ3年はこれを着て地元の祭りに参加している(仁淀川町土居甲のドキドキカンパニー工場)
自家用につくったロボットの着ぐるみ。名前は「しげる」。ここ3年はこれを着て地元の祭りに参加している(仁淀川町土居甲のドキドキカンパニー工場)
移住し溶接、塗装から着ぐるみ、よさこい衣装まで
 「できるもんなら何でも作るよってのが、俺の営業方針さ」とは、安倍夜郎さん=四万十市出身=の人気漫画「深夜食堂」のドラマで使われるフレーズ。そんなせりふが似合う店が、高知県吾川郡仁淀川町にある。漫画のような「めしや」ではなく、地域に根を張る看板屋だ。 

「看板もできる何でも屋と思われている」と笑いながら、標識を作る若林一明さん(仁淀川町土居甲のドキドキカンパニー工場)
「看板もできる何でも屋と思われている」と笑いながら、標識を作る若林一明さん(仁淀川町土居甲のドキドキカンパニー工場)
 国道439号から、安居川沿いに北へ車で約10分。宮ケ平の集落に、目指す「ドキドキカンパニー」はあった。看板屋なのに、看板はない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高吾北


ページトップへ