2018.09.21 08:35

極小カツオ輸入自粛を 漁業者団体が節業界に要望

輸入されたペンシルカツオ。長さ7センチに満たない「超極小」サイズも、このほど確認された(提供写真)
輸入されたペンシルカツオ。長さ7センチに満たない「超極小」サイズも、このほど確認された(提供写真)
 漁業者約3500人でつくる「全国沿岸漁民連」は20日、日本鰹節(かつおぶし)協会と全国削節工業協会(いずれも東京)に対し、極小カツオを加工した長さ10センチ前後の節製品(通称ペンシルカツオ)の輸入自粛を求める要望書を提出した。

 漁民連などによると、フィリピンやインドネシア沿岸では、体長30センチ未満のカツオ幼魚を大量に漁獲。これを乾燥させて長さ10センチほどになったペンシルカツオを日本企業が輸入し、めんつゆ製品などの原料に利用している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ