2018.09.20 08:35

高知県芸西村で10/6「竹灯りの宵」 キャンドル130人手作り

「竹灯り」の製作に汗を流すボランティア (芸西村馬ノ上)
「竹灯り」の製作に汗を流すボランティア (芸西村馬ノ上)
 高知県安芸郡芸西村で来月開かれる「竹灯(あか)りの宵」に向けて、キャンドルオブジェ作りがこのほど、芸西村和食甲の村民会館などで行われ、村内外のボランティア約130人が作業に汗を流した。

 竹灯りは、竹の表面に大小の穴を開け、内側に置くろうそくの光で模様を浮かび上がらせる。太平洋に面した琴ケ浜に並べて幻想的な空間を演出し、毎年2千人を超す人出がある。

 15~17日の作業では、1・3~2・5メートルに切った竹にドリルで細かな穴を開け、波や星をイメージさせる模様に仕上げた。それらを3本一組でつなぎ、約100基を組み立てた。

 10月6日のイベント当日は、午後3時から竹灯り作りのワークショップ、午後5時ごろに点灯される(荒天時は13日実施)。ジャズなどの演奏や飲食物の出店もある。問い合わせは芸西村企画振興課(0887・33・2114)へ。(岡林知永)

カテゴリー: 文化・芸能安芸


ページトップへ