2018.09.20 08:35

愛媛の水損資料救え 西日本豪雨被害、高知の学芸員が応急処置

書籍のクリーニング作業を行う学芸員ら(高知大学朝倉キャンパス)
書籍のクリーニング作業を行う学芸員ら(高知大学朝倉キャンパス)
 高知県内の博物館などでつくる「こうちミュージアムネットワーク」(筒井秀一会長)はこのほど、西日本豪雨の被害を受け、水損した愛媛県宇和島市の大乗寺の書籍類のクリーニング作業を高知市曙町2丁目の高知大朝倉キャンパスで行った。
 
水損した大乗寺の書籍類(高知大学朝倉キャンパス)
水損した大乗寺の書籍類(高知大学朝倉キャンパス)
 伊予吉田藩主・伊達家の墓所がある大乗寺では、7月の豪雨で書籍や写真類を保管していた蔵などが浸水。多くの書籍が水にぬれ、泥が付く被害が出た。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ