2018.09.20 08:37

世界で1本、美しい魚梁瀬杉ギター 9/22高知県北川村でお披露目

板などの特有の美しい模様と色が目を引く(©Blue-G)
板などの特有の美しい模様と色が目を引く(©Blue-G)
美しい模様と色合い 神奈川の工房製作
 魚梁瀬杉を使った「世界で1本」とされるギターが9月22日、高知県では初めて安芸郡北川村のコンサートでお披露目される。高知県とゆかりのある神奈川県の若手製作家が銘木に魅せられ、数年をかけた労作は見事な芸術品に仕上がっている。

魚梁瀬杉を使って作られたギター(©Blue-G)
魚梁瀬杉を使って作られたギター(©Blue-G)
 製作したのは相模原市でギター工房を営む小林良輔さん(32)。20歳でギター作りを始め、国内外で修業した後、27歳で独立した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要文化・芸能安芸


ページトップへ