2018.09.19 08:30

嶺北高生の朗読も 9/29に高知県本山町で大原文学ミニ講座

 高知県長岡郡本山町の町プラチナセンターで29日、同町出身の作家、故大原富枝さんの文学世界を学ぶ「第6回大原文学ミニ講座」が開かれる。講演のほか、嶺北高校生が大原作品を朗読する。
 
 大原富枝文学館が大原富枝の会と開催。嶺北高生3人が朗読するのは、大原さんが生前、発表できなかった「本山一揆(滝山一揆)―高石左馬之助謀反のこと―」。2012年に高知新聞連載(全9回)で紹介された。高校生は夏休みから朗読の練習に取り組んでいる。
 
 当日は午後1時、月琴奏者の山崎はるかさんの演奏でみやびやかにスタート。県立高知城歴史博物館の地域支援担当学芸員、小林和香氏の「本山と兼山」と題した講演もある。
 
 先着100人で参加無料。申し込みと問い合わせは、大原富枝文学館(0887・76・2837)へ。

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 文化・芸能幕末維新博嶺北観光


ページトップへ