2018.09.17 08:35

旅で四国を元気に 高知など4県が大阪で豪雨復旧PR

西日本豪雨の復旧をアピールし、観光客誘致を呼び掛けるご当地キャラ(大阪市のJR大阪駅=県大阪事務所提供)
西日本豪雨の復旧をアピールし、観光客誘致を呼び掛けるご当地キャラ(大阪市のJR大阪駅=県大阪事務所提供)

 西日本豪雨が四国の観光に与えたイメージを払拭(ふっしょく)しようと、官民組織「四国ツーリズム創造機構」はこのほど、大阪市のJR大阪駅で観光復興キャンペーンを行った。
 
 7月の豪雨では、四国でも愛媛県南予、高知県西部などが被害を受けた。ただ、「宿泊のキャンセルは四国全体で起きている」(高知県大阪事務所)といい、同機構が4県、JR四国と連携し、「旅で四国を元気に」と銘打ったイベントを企画した。
 
 大阪駅の広場には、4県の職員ら約25人のほか、ご当地キャラクターも参加。撮影会やクイズを行い、高知県は開催中の「志国高知 幕末維新博」、JR四国は8月下旬に再開した予讃線の観光列車「伊予灘ものがたり」を売り込んだ。
 
 高知県大阪事務所の職員は「着ぐるみ効果もあり、4県の観光パンフレットもすぐにはけた。『四国は元気です』とアピールできたと思う」と話していた。(浜田成和)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会幕末維新博観光


ページトップへ