2018.09.14 14:35

高齢男性が料理で交流 高知市にいきいき「男のサロン」

そろいのエプロンで笑顔を見せる「男のサロン」の参加者(高知市旭町2丁目)
そろいのエプロンで笑顔を見せる「男のサロン」の参加者(高知市旭町2丁目)
老後も仲間と楽しく
 仕事一筋で定年。地域になじめず、料理もできず、寂しい老後を過ごす―。そんな男性も少なくない中、高知市旭町2丁目の高知市障害者福祉センターで2年前から開かれている「男のサロン」では、そろいのエプロン姿の60~80代が和気あいあいと料理を楽しんでいる。厨房(ちゅうぼう)に入った男たちの集まりをのぞいてみると…。
 
料理をしながら交わす仲間との会話が楽しい(高知市旭町2丁目)
料理をしながら交わす仲間との会話が楽しい(高知市旭町2丁目)
 午前10時。男たちは1人500円を出し合い、スーパーへ買い出しに行く。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。




ページトップへ