2018.09.14 08:31

「新足摺海洋館」が起工 高知県土佐清水市竜串の再開発本格化

くわ入れなどで工事の安全を祈った新足摺海洋館の起工式(土佐清水市三崎)
くわ入れなどで工事の安全を祈った新足摺海洋館の起工式(土佐清水市三崎)
 高知県土佐清水市で進む竜串再開発の中核をなす県立「新足摺海洋館」の起工式が9月13日、土佐清水市三崎の現海洋館敷地で行われた。近隣では、人気アウトドアブランドのスノーピークが監修し市が整備する「爪白(つまじろ)キャンプ場」と、環境省の「ビジターセンター」が既に着工。新海洋館が開館する2020年7月までに順次オープンの見込みで、再開発が本格的に動き始めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済幡多


ページトップへ