2018.09.12 08:35

モネの庭で9月15日キャンドル2000個点灯 高知県北川村

試験点灯されたキャンドル。優しい光が「水の庭」を彩った(北川村のモネの庭)
試験点灯されたキャンドル。優しい光が「水の庭」を彩った(北川村のモネの庭)

 高知県安芸郡北川村の「モネの庭マルモッタン」は、園内をろうそくの光で彩るキャンドルナイトを15日午後5時から行う。

 香美市のキャンドル作家、藤岡さわさん(36)が、ガーベラやヒマワリ、アジサイといった色とりどりの花をろうに閉じ込めたキャンドルなどを制作。「水の庭」を中心に大小2千個が輝く。和紙とLEDで作ったスイレンの新作オブジェも登場する。

 11日には試験点灯が行われ、高さ30センチほどの大きなキャンドル50個ほどが「水の庭」に浮かぶように配置された。藤岡さんは「夕方から夜にかけて変わる園内の景色と、キャンドルの光の変化を楽しんで」と話している。

 15日の本番は音楽イベントや飲食の出店があり、レストランは夜間特別メニューを提供する。雨天の場合は16日に順延し、16日も雨なら中止。問い合わせはモネの庭(0887・32・1233)へ。(北原省吾)

カテゴリー: 社会安芸


ページトップへ