2018.09.12 08:40

北海道地震での全域停電 四国では「可能性低い」四国電力説明

電源分散、連系線も確保
 北海道で起きた震度7の地震は、道内全域の停電(ブラックアウト)を引き起こした。北海道電力最大の火力発電所の停止に端を発した連鎖ダウン。北海道と同じく本州と海で隔てられた四国でも同様の事態が起きる可能性はあるのか。

 前例のない今回の全域停電は、道内の電力需要の約半分を担う苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町、3基で計165万キロワット)が損壊して停止し、道内の需給バランスが大きく崩れたことが引き金となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会政治・経済


ページトップへ