2018.09.12 08:35

津波避難路整備が完了 高知県内の1445カ所

【参考写真】須崎市南地区に整備された津波避難路
【参考写真】須崎市南地区に整備された津波避難路
 高知県は11日の南海トラフ地震対策推進本部会議で、高台への津波避難路・避難場所の整備が完了したことを報告した。第3期の行動計画(2016~18年度)で1445カ所の整備を盛り込んでいた。住民や市町村と連携して現地点検も終えており、今後は点検結果に基づいて狭い場所や危険箇所の解消を図る。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ