2018.09.11 17:46

豚の死骸混ぜた堆肥搬入 豚コレラ検出された岐阜市の農場

 豚コレラウイルスを検出し、防疫作業が進められた養豚場=11日、岐阜市

 岐阜市の養豚場で豚コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は11日、市の獣医師が豚の急死を県に報告した3日以降、養豚場が豚の死骸を混ぜた堆肥を市内にある「JAぎふ堆肥センター」に搬入していたと明らかにした。

 県によると、養豚場では3~7日、計約80頭が死に、養豚場は死骸の一部をふんと共に堆肥に混ぜ、センターに搬入していた。国の精密検査で9日にウイルス感染が確認されており、この間に死んだ豚は豚コレラで死んだ疑いがある。

 農林水産省は11日、死骸の埋却などの防疫措置が完了したと発表した。
カテゴリー: 社会


ページトップへ