2018.09.11 12:16

岐阜の養豚場で消毒作業終了 豚コレラウイルス検出で

 岐阜市の養豚場で豚コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は11日、感染拡大防止に向けた場内の消毒作業を終えたと発表した。7日に養豚場からふんが搬入された岐阜市の「JAぎふ堆肥センター」の消毒も終えた。

 養豚場では3日、1頭が死に、国の精密検査で9日にウイルス感染が確認された。

 県は9日から10日にかけて、養豚場の546頭を殺処分した。処分した豚とは別に3~10日に計約140頭が死んでおり、豚コレラウイルスに感染していた疑いがある。

 ただ、養豚場は台帳を付けておらず、正確な頭数は把握できていない。県は管理体制などに問題がなかったか調べる。
カテゴリー: 社会


ページトップへ