2018.09.11 08:36

「高知県オールドパワー文化展」9月13日開幕 入賞118点決まる

工芸部門を審査する川村雄二さんと青木邦子さん(高知市高須の県立美術館=飯野浩和撮影)
工芸部門を審査する川村雄二さんと青木邦子さん(高知市高須の県立美術館=飯野浩和撮影)
 9月13日に開幕する「第47回高知県オールドパワー文化展」(県、県社会福祉協議会、高知新聞社など主催)の作品審査が10日、高知市高須の県立美術館で行われた。

 洋画、日本画、書道、写真、工芸、彫刻の計6部門に一般搬入・推薦合わせて400点が出品され、118点の入賞作品が決まった。出品の内訳は洋画71点、日本画22点、書道66点、写真154点、工芸78点、彫刻9点。同館を会場に18日まで、審査員の作品を含む405点が展示される。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央


ページトップへ