2018.09.10 14:36

高知県遺族会に青年部 戦没者の孫世代が慰霊活動を継承

県遺族会の青年部結成式であいさつする代表の吉川裕三さん=右(9日、高知市吸江のドリーマーベイシャトー)
県遺族会の青年部結成式であいさつする代表の吉川裕三さん=右(9日、高知市吸江のドリーマーベイシャトー)
 戦後73年が経過し、戦争の記憶が風化する中、戦没者の妻と子らでつくる高知県遺族会(大石綏子(よしこ)会長、約4500人)は9日、戦没者の孫を中心とする青年部を新たに結成した。追悼式や慰霊祭に参加するなどしながら、平和の尊さを若い世代に伝える活動を引き継ぐ。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ