2018.09.09 08:35

谷干城の掛け軸古里へ 愛媛の男性が高知県四万十町に寄贈

11月お披露目
小野晋也さん(右)が高知県高岡郡四万十町に寄贈した谷干城直筆の掛け軸=四万十町役場
小野晋也さん(右)が高知県高岡郡四万十町に寄贈した谷干城直筆の掛け軸=四万十町役場
 1877年の西南戦争で薩摩軍を退けた熊本鎮台司令長官、谷干城(たてき)(37~1911年)の直筆の掛け軸が7日、古里の高知県高岡郡四万十町に寄贈された。同町内には民間所有のゆかりの品は15点ほどあるが、町が寄贈を受けるのは初めて。「志国高知 幕末維新博」の関連行事として11月に開く「谷干城資料展」でお披露目する。

 干城は土佐藩兵を率い、戊辰戦争で活躍。農商務大臣や貴族院議員などの要職も歴任した明治の元勲で、足尾銅山鉱毒事件の被害者救済にも尽力した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高幡


ページトップへ