2018.09.08 08:35

北川川(津野町)V 高知市で全国アユ食べ比べ 新荘川、的渕川準V

全国から届いたアユを味わった利き鮎会(高知市上町2丁目の城西館)
全国から届いたアユを味わった利き鮎会(高知市上町2丁目の城西館)

 「第21回清流めぐり利き鮎会」が9月7日、高知市で開かれ、県内外の約280人が全国から届いた川の恵みを堪能した。高岡郡津野町の北川川がグランプリ、新荘川(須崎市)、的渕川(高知市)も準グランプリに輝いた。高知県内の河川のアユがグランプリを取るのは2013年の北川川以来5年ぶり。

 高知県友釣連盟(内山顕一理事長)が毎年この時期に開いている。今年は西日本豪雨や度重なる台風の影響で直前まで参加河川が少なかったが、各地の釣り人の協力もあって、最終的には昨年と同じ58河川から2780匹のアユが届いた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央


ページトップへ