2018.09.08 08:33

高知市「西敷地」民活 事業実現へ「政治判断」 高知市長、正念場

「オーテピア」西側の点線で囲まれた部分が「西敷地」。広さは約2500平方メートル(7月14日、高知市上空の軽飛行機から撮影)
「オーテピア」西側の点線で囲まれた部分が「西敷地」。広さは約2500平方メートル(7月14日、高知市上空の軽飛行機から撮影)
 高知大学のサテライトキャンパスや賃貸住宅が入る複合施設案で進むのか、いったん立ち止まって考え直すのか―。市有地「西敷地」(高知市追手筋2丁目)の利活用を巡って注目されていた岡﨑誠也市長の判断は、複合施設案のゴーサインだった。課題としていた民間事業者の資金計画などを自ら市議会で「解決できる見通しが立った」と説明。岡﨑市政は大型事業の頓挫が続いており、西敷地の利活用までも止められないという「政治判断」と見る向きもある。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ