2018.09.07 08:35

介護職場の悩み、高知県が毎月1回無料相談 離職防止へ

介護職員を対象にした相談窓口をPRするポスター
介護職員を対象にした相談窓口をPRするポスター
 高齢者施設などで働く介護職員の離職防止へ、高知県が毎月1回、面談による無料相談を始めている。職場の人間関係や労働条件、業務内容などの悩みに現場経験の豊富な介護福祉士らが対応。関係者は「周囲に悩みや不安を話せない人も多い。働きやすい職場に向け、問題解決のサポートができれば」と利用を呼び掛けている。
 
 県の推計では、「団塊の世代」が75歳以上となる2025年に、県内の介護人材は1064人不足するとされる。現在でも多くの事業所が職員の確保に苦慮している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会医療・健康ニュース


ページトップへ