2018.09.07 08:32

石彫に無常観重ねて 高知県南国市で彫刻家・門脇おさむ展

子どもたちに石彫作品の説明をする門脇おさむ=左(南国市立田のタマリン館)
子どもたちに石彫作品の説明をする門脇おさむ=左(南国市立田のタマリン館)
「雲―4」(南国市立田のタマリン館)
「雲―4」(南国市立田のタマリン館)
 南国市立田のギャラリー「タマリン館」で、高知市の彫刻家、門脇おさむの石彫展が開かれている。ギリシャ産の白い大理石を素材に制作した石彫が5点紹介されている。17日まで(同日以外の月―水曜休館)。

 1948年同市生まれ。高知大学農学部卒。73年から立体造形を始め、83年から香川県庵治町(現・高松市)で石彫を学ぶ。「石の風車」シリーズで知られ、あおもり野外彫刻展大賞などを受賞している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長


ページトップへ