2018.09.06 08:33

高知2区が有権者数30万人割れ 県選挙管理委員会発表

 衆院高知2区の有権者数が30万人を割ったことが9月5日、県選挙管理委員会が発表した9月現在(1日または3日)の選挙人名簿登録者数で分かった。前回(6月1日)比1454人減の29万8733人。同1区の有権者数は31万7284人(前回比1070人減)だった。3カ月ごとの定時登録。

 衆院選の県内選挙区数を1減の2とする改正公選法が施行されて最初の定時登録(2013年9月)で、同2区は30万8750人だったが、16年6月に30万人割れ。選挙権年齢の18歳以上への引き下げで18、19歳が加わった同年9月に30万人台を回復したが、その後は減少が続いていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済


ページトップへ