2018.09.06 08:00

小社会 この夏、十数年ぶりに川遊びをした。須崎市の新荘...

 この夏、十数年ぶりに川遊びをした。須崎市の新荘川。アユ釣りのおじさんの邪魔にならぬよう、川の端っこでテナガエビを探す。水中メガネをヨモギで拭いて、エビ玉(網)を手に潜る。

 岩陰から顔を出したテナガエビと目が合った。メガネを通すと随分大きく見えてドキッとする。静かに網を差し入れる。後ろ向きにツン!と飛び込んできた。友達と2人、ほんの1時間ほどで40匹余りも捕ったろうか。

 体長10~15ミリほどの稚エビもたくさん、岩にへばりついていた。イダだろうか、小さな魚が足元をかすめる。ゴリもいる。透き通った冷たい水。子どものころと同じように見えて、それでもやっぱり川は昔の川とは違う。

 今月から来年3月まで、県内の全河川でテナガエビ類が禁漁となった。資源回復に向けた初の試みだが、漁協や飲食店など各方面の反応はおおむね「規制もやむなし」。それほど近年の不漁への危機感が強いということだろう。

 「魚と山の空間生態研究所」(四万十市)の山下慎吾所長は、乱獲や稚エビが魚から隠れて生息できる浅瀬の減少などを原因に挙げる。人間の活動によって川の姿が変わったのなら、人間の力で少しでも元の姿に戻さなければ。

 子どもたちは命に関わる大切なことを川から学んだ。「川は子どもを大人にし、大人を子どもにする」と山下さん。〈こぶな釣りし かの川〉。豊かで美しい姿をこれからもずっと。


9月6日のこよみ。
旧暦の7月27日に当たります。かのと うし 二黒 先負。
日の出は5時43分、日の入りは18時25分。
月の出は1時24分、月の入りは15時49分、月齢は25.7です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で2時01分、潮位166センチと、16時09分、潮位176センチです。
干潮は9時06分、潮位44センチと、21時46分、潮位109センチです。

9月7日のこよみ。
旧暦の7月28日に当たります。みずのえ とら 一白 仏滅。
日の出は5時43分、日の入りは18時24分。
月の出は2時29分、月の入りは16時42分、月齢は26.7です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で3時17分、潮位178センチと、16時54分、潮位189センチです。
干潮は10時05分、潮位30センチと、22時36分、潮位95センチです。


カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ