2018.09.05 08:35

高知県四万十市で移住女性が雑貨店 チャレンジショップ16店目

アクセサリー雑貨などを扱う店主の益田真理さん(四万十市中村天神橋)
アクセサリー雑貨などを扱う店主の益田真理さん(四万十市中村天神橋)
 高知県四万十市の天神橋商店街にあるチャレンジショップに3日、アクセサリー雑貨などを扱う「Ma.ART+DESIGN」がオープンした。出店者は同市大用に移住してきた益田真理さん(32)=兵庫県出身=で、天神橋商店街でのチャレンジショップは16店目。
 
 益田さんは短大で服飾を学んだ後、アパレルの店頭販売やアクセサリーの製作、雑貨のデザインなどを経験。昨年2月、婚約を機にパートナーの出身地の大用に移り住み、地元情報を発信する「大用ウオーキングMAP」などを手掛けた。
 
 移住者との交流でチャレンジ制度を知り、「収入の安定につながれば」と出店を決意。仕事で培ったノウハウを生かし、アメシストのピアス、ビンテージリボンをあしらったブレスレット、大用の石を使ったイヤリングなどを店頭に並べた。絵やイラストにも力を入れ、ドローイングも販売している。
 
 国吉康夫・天神橋商店街振興組合理事長は「彼女の豊かな才能を多くの人に見てもらい、独立に向けて応援したい」。益田さんは「物作りの現場で学んだ商品を売る一方、デザインやイラストも受注できるようになりたい」と意欲的だ。
 
 営業は午前10時~午後5時半、水曜と日曜は定休。問い合わせは「チャレンジショップTJB」事務局(0880・35・2019)へ。(兵等剛)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会移住幡多社会


ページトップへ