2018.09.05 08:36

図柄ナンバープレート10/1から交付 高知はカツオや播磨屋橋

 国土交通省は4日、全国41地域で導入する図柄入り自動車用ナンバープレートを10月1日から交付すると発表した。9月10日から、全国自動車標板協議会の「図柄ナンバー申込サービス」のウェブサイトで事前申し込みを受け付ける。
 
 図柄入りナンバーは地域の名産品や景勝地を配したデザインで、「走る広告塔」としての役割が期待される。「高知」のナンバーは、カツオと播磨屋橋、太平洋の波がプレート全体に描かれた高知らしいデザイン=写真。新車・中古車の購入時だけでなく、同じ番号ならいつでも交換できる。
 
 交付を希望する人は、普通車で七、八千円程度の手数料を支払う。通常は白黒だが、手数料とは別に千円以上の寄付金を払えばカラー版になる。寄付金は、自治体が道路整備や観光振興に活用する。

カテゴリー: 社会


ページトップへ