2018.09.05 08:00

小社会 「きょうも各地で猛烈な暑さとなりました。最高気温...

 「きょうも各地で猛烈な暑さとなりました。最高気温は高知県四万十市で44・9度…」。のっけからショッキングな話で恐縮だが、これは「2100年未来の夏の天気予報」。環境省がホームページで公開している動画に出てくる。

 まるっきり当てずっぽうというのではない。国連の「気候変動に関する政府間パネル」は、これまで以上に地球温暖化対策に取り組まないと、産業革命前と比べて世界の平均気温が最大4・8度上昇すると予測。2100年の予報もこの試算を加味している。

 そんな未来に一歩ずつ近づいているのか。気象庁によるとことし6~8月の暑さは東日本が史上1位、西日本は2位。埼玉県熊谷市で国内最高の41・1度を観測し、全国で熱中症の救急搬送が最多となった。今世紀末、酷暑の「未来予想図」も十分にあり得よう。
 県内最高は四万十市西土佐江川崎の38・5度。「際立った暑さではなかった」ときのうの◆高知新聞にはある。40度超が出始めた現在ではそうかもしれない。ただし体にこたえる暑さに変わりはあるまい。異常気象もこんなふうに、いつしか通常と感じられるようになるのか。

 県東部を中心に暴風雨となった台風21号は、「非常に強い」まま徳島県に上陸した。25年ぶりのことだが、台風の増加や強大化も心配の種。

 災害に備える意識を高めるのはもちろん、節電など身の回りでできる温暖化対策もこつこつと。


9月5日のこよみ。
旧暦の7月26日に当たります。 かのえ ね 三碧 友引。
日の出は5時42分、日の入りは18時27分。
月の出は0時24分、月の入りは14時50分、月齢は24.7です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で0時23分、潮位161センチと、15時07分、潮位162センチです。
干潮は7時50分、潮位58センチと、20時34分、潮位121センチです。

9月6日のこよみ。
旧暦の7月27日に当たります。かのと うし 二黒 先負。
日の出は5時43分、日の入りは18時25分。
月の出は1時24分、月の入りは15時49分、月齢は25.7です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で2時01分、潮位166センチと、16時09分、潮位176センチです。
干潮は9時06分、潮位44センチと、21時46分、潮位109センチです。


カテゴリー: 小社会コラム


ページトップへ