2018.09.05 08:31

高知市・金星製紙のトレーマット急伸 国内シェア35%に

魚や肉の流通で使われる吸水紙。血水を吸収=下=しても表面からは目立たない=上(金星製紙提供)
魚や肉の流通で使われる吸水紙。血水を吸収=下=しても表面からは目立たない=上(金星製紙提供)
豊富な製品 ニーズに対応
 不織布製造・加工の金星製紙(高知市井口町)が、食品の包装容器に敷くトレーマットの販路を広げている。多様なニーズに対応する幅広い商品構成で取引先を増やし、国内の製品シェアは35%でトップを争っている。竹之内渉社長は「食品包装資材の分野でトップメーカーを目指す」と意気込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央


ページトップへ