2018.09.04 11:36

木村大作監督「散り椿」が特別賞 モントリオール映画祭

 岡田准一さんが主演した映画「散り椿」の一場面。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した

 カナダで開催されていた第42回モントリオール世界映画祭で3日夜(日本時間4日)、授賞式が行われ、木村大作監督の映画「散り椿」が最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞。中田秀夫監督の「終わった人」に出演した舘ひろしさんが最優秀男優賞を受けた。

 「散り椿」は葉室麟さんの小説が原作の時代劇。主演の岡田准一さんが、藩を追放されながらも不正に立ち向かう侍を演じる。「終わった人」は、内館牧子さんの小説が原作で、舘さんは定年を迎えた元エリートサラリーマンを演じた。
カテゴリー: 文化・芸能


ページトップへ