2018.09.04 08:34

30代の美術家とは? 高知県中土佐町立美術館で37作家「表現」展

さまざまな作家が30代に制作した42点が並ぶ「30代の表現」展(高知県高岡郡中土佐町久礼の中土佐町立美術館)
さまざまな作家が30代に制作した42点が並ぶ「30代の表現」展(高知県高岡郡中土佐町久礼の中土佐町立美術館)
 美術家にとって創作活動の分岐点ともいえる30代。県内外の作家がこの時期に制作した作品を一堂に紹介する「30代の表現」展が高知県高岡郡中土佐町久礼の同町立美術館で開かれている。高知県関係25作家を含む37作家42点の平面作品を展示している。10月14日まで(8日は臨時休館)。

 開館30年目を迎えた同館が、所蔵品と県内作家の作品を並列できる展示をしようと企画した。自身も出品した市川雅彦館長は作家の30代について「自分の表現スタイルをどう作り上げていくのか、悩んで挫折することも多い時代」とし、「ベテランの30代作品を通じ、制作を続けるヒントが転がっていないか。それを問い掛ける展覧会」と企画の意図を語った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高幡


ページトップへ