2018.09.04 08:45

台風21号 4日午前に高知県最接近 暴風、高波に厳重警戒

台風21号の接近に伴い、大きな波が打ち寄せる海岸(3日午後2時ごろ、高知県安芸市穴内乙)
台風21号の接近に伴い、大きな波が打ち寄せる海岸(3日午後2時ごろ、高知県安芸市穴内乙)
 非常に強い台風21号は3日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。高知県に最接近するのは4日昼前とみられ、紀伊半島や四国に上陸する恐れがある。県内は東部を中心に昼前から昼すぎにかけて猛烈な雨となりそう。非常に強い勢力を保ったまま上陸すれば、1993年の台風13号以来となり、高知地方気象台は暴風や高波に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 台風は勢力を維持したまま高知県に接近。予報円の中心を通った場合、4日は県東部の多い所で1時間に80ミリ以上の雨となり、中部と西部でも1時間に50~60ミリの非常に激しい雨が降る見込み。4日午後6時までの24時間雨量は多い所で400ミリと予想される。

 風は4日昼前から昼すぎにかけ、県内の陸上で最大風速40メートル(最大瞬間風速60メートル)、海上で45メートル(同)と猛烈に吹く。同日正午までの波の高さは県東部で12メートル、中部と西部で11メートルで、うねりを伴い猛烈なしけとなる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学


ページトップへ